マンツーマンで学べる塾・家庭教師|確実に成績アップを狙おう

必要な学費

勉学

医学部予備校には、大手の予備校と医学部専門予備校という形で大まかに分かれています。どちらを選択するかによって、学費は大きく変わってきます。大手の予備校にある医学部の対策コースであれば、通常100万円以下で学費を抑えることが出来ます。ですが、医学部専門予備校であれば、平均でも500万円ほど学費として必要になってくる場合があります。医学部専門の予備校であれば、500万円の中に食費やロッカー代・大人数の授業だけでなく個別指導の授業料が含まれていることが多いです。高額で、かつ一括支払いを求められることが多いので、医学部予備校でも専門予備校に行くときには、資金を準備する必要があります。

医学部予備校の中でも、医学部専門予備校の場合は、学費が高額になることがほとんどです。高額な分、少人数制でしっかりとサポートをしてくれたり、設備もしっかりとしていたりと利点も多いです。合格実績においても高い予備校が多いため、初期投資と考えて入る人もたくさんいます。学費が高いから必ず合格するとは限りませんが、安い学費のところで何年も浪人をしてしまえば、合計金額が上回る可能性もあります。時間も限られているので、浪人せず、絶対に合格したいと考えるのであれば、医学部予備校の中でも医学部専門予備校に通うという道を選ぶべきでしょう。ただ、どうしても支払いが厳しい・学費を抑えて勉強がしたいという人は、予備校の中で行われる選抜試験に合格し、特待生枠で入れるようにしましょう。通常通り医学部予備校に入るより、学費の全額免除や一部免除といった待遇を受けることが出来ます。また、一括で全額支払うのではなく、月々月謝として支払う医学部予備校を選ぶのも、手元から一気にお金が出るのを防ぐ方法の一つとなります。