マンツーマンで学べる塾・家庭教師|確実に成績アップを狙おう

選ぶときに

婦人

医学部予備校は、全国にたくさんあるので、その中から集中して勉強が出来そうな場所を選ぶ必要があります。自分に合ったところを選ばないと、医学部受験に響いてしまいます。選ぶときのポイントとして、合格率を全面に押し出していないところを選びましょう。合格率はとても大切ですが、計算方法によって合格率は変わってきます。生徒数が少なく、仮に10人だった場合、その内の6人が合格すれば6割という大きな数字になります。全ての医学部予備校で同じ算出方法を取っているわけではないので、合格率だけで予備校を判断しないようにしましょう。

医学部予備校を選ぶときには、学費の説明をしっかりと行なってくれるところを選ぶといいでしょう。医学部予備校は、通常の塾や予備校と違って、何百万円とかかる高額なところです。高額な学費になるため、説明がきちんとされていないと、後にトラブルに発展してしまいます。大きなお金を支払うことになるので、分からない点は予め質問してきておきましょう。その質問に対して真摯に、しっかりと応えてくれるところは信頼出来る医学部予備校といえます。

予備校選びのときに、学校側の対応を見て判断することも出来ます。医学部予備校の中には、まだ新設したばかりのところもあります。新設したばかりで、運営がまだスムーズに行っていないところも数多くあります。返事や対応が遅かったり、言っていることが変わったりする場合には注意が必要です。また、地方出身者は、寮が完備されているのかどうかも確認しましょう。寮でも、医学部予備校が直接運営しているところを選ぶのがいいでしょう。